リバウンドの仕組みとダイエット

illust1_04_w190

極端に食事量を減らすようなダイエットをするとリバウンドしやすいといいますが、どんな仕組みで起きるのでしょう。ダイエットを目的にカロリー摂取量を減らすと、体はカロリーが足りないことに気づきます。体に十分な栄養が補給できない状態が続くと、体内のホメオスタシスという機能が働きます。ホメオスタシスとは少量のエネルギーでも体を維持できるように生きるために必要なエネルギー消費を減少させる機能です。

例えば、山の中で道に迷った時などに使う機能です。ダイエット中に働いてしまうと今までと同じように食事制限をしているのに体重が減らないという停滞期に入ってしまいます。食事制限をしても生命には支障がないことを体が認識すれば、ホメオスタシスの働きは終わって体は通常状態に戻ります。中途半端なタイミングでダイエットを終わらせると、リバウンドが起きます。ダイエットを終わりにして、食事量を元どおりにしても、ホメオスタシスは機能しています。ダイエット前よりも少ないエネルギーしか使わない体になっているのに以前と同じような食事を摂ることで余分なカロリーが蓄えられますくなります。

リバウンドが発生するのは、こういった仕組みによるものです。リバウンドを何度も繰り返すことによってどんどん太りやすく痩せにくい体になってしまうのがリバウンドの仕組みです。

脂肌改善リアル体験

Comments are Disabled